智弘院墓地 檀信徒境内墓地についてはこちら

永代供養墓

現代社会は、核家族や少子化の流れの中、「家」の概念が薄れ、昔のように一族同じ地に住み続けるという時代でもなくなりました。お墓を建てたくても、後を委ねられる家族がいない等々の理由により、埋葬供養のあり方も変化してまいりました。
将来自分が亡くなった時、先祖様のご供養や自分の供養をだれがどのようにして続けていってくれるのかということが問題となります。

智弘院の永代供養墓は、合同墓という形ですが、納骨される方の家族墓、檀信徒皆様方お一人お一人のお墓と捉えてください。このお墓には継承の問題、無縁化等の問題は起こりません。永代供養料は初回の志納のみで、管理費・会費・寄付金などはありません。

智弘院にご縁のある檀信徒各家先祖代々のご供養、並びに永代供養墓は、今後代々の住職が法燈を継承し、御回向を捧げてまいります。 子孫に当たる子や孫が、安心して親先祖に手を合わせられる場所にしたいと願っております。
墓地内はバリアフリーです。車椅子でも安心してご移動できます。


『安穏廟の特徴』
過去の宗教・宗派は不問です。他霊園からの改葬も可。
日蓮宗智弘院の檀信徒として入信いただき、日蓮宗の作法でご供養いたします。生前のお申込み、ご遺骨での受け入れもできます。国籍は問いません。
安住の場所が確保でき、ご安心いただける事と思います。
基本的に当山より法名(戒名)を授与し、永代納骨供養簿に記載され、智弘院が永代にわたりご供養いたします。

毎日の読経供養と盆彼岸の供養
公営墓地などとは違い、智弘院では毎日お経をあげ供養いたします。盂蘭盆会施餓鬼法要、春秋彼岸会法要などの年中行事に墓前経供養を行います。
個別のお塔婆を立てての供養をご希望の場合は別途お申し込みください。

安穏廟合同供養祭
一年に一度、春彼岸前後に、安穏廟合同供養祭を智弘院が執り行います。
お骨壷から合祀埋葬(散骨)も行なわれます。


安穏廟納骨のご案内(合祀)

ご納骨後、本堂納骨棚にてお骨壷を春彼岸前後まで保管し、その後、安穏廟に合祀埋葬(散骨)いたします。その後は、永代納骨供養簿に記入され、合同供養祭と盂蘭盆法要、彼岸法要で、智弘院が永代にわたりご供養いたします。

永代納骨供養料
一霊位20万円となります。 プレート代2万円(石材店)
申込書に必要事項ご記入、故人の火葬証明書(または埋葬・改葬許可書)と、ご家族全員の名前と本籍地が記載された戸籍抄本、住民票をご提出下さい。

永代供養生前予約(通夜・葬儀と安穏廟永代供養)

通夜・葬儀・法名(戒名)授与・納骨埋葬法要・永代納骨供養簿記入。
一霊位50万円〜(御通夜葬儀導師一人、法名など)

各家のご事情に応じ、柔軟に対応しております。
智弘院の各種行事にご参加いただけます。

納骨墓のご案内(骨壺安置)

ご納骨後、ご契約の期間中は納骨供養墓にお骨壺で安置され、永代納骨供養簿に記入され、年4回の塔婆供養をいたします。期間終了後は、安穏廟へ合葬にて、智弘院が永代にわたりご供養いたします。

永代供養料
一霊位[13回忌まで]35万円
一霊位[23回忌まで]50万円
一霊位[33回忌まで]60万円
ご夫婦の骨壺は、一緒に並べることもできます。
ご納骨期間は、ご希望により延長することができます。

納牌供養(位牌安置)のご案内

智弘院本堂位牌壇にて、お位牌を一定期間安置し、盆彼岸祥月命日の年4回の塔婆供養と、月命日の回向供養をいたします。
智弘院所定の位牌をご用意いたしますので、個別のお位牌をお預かりすることはできません。
納牌志納料[33回忌まで]: 一霊位50万円(位牌料込)。
※納骨霊位の場合 30万円
期間終了後、お位牌はお焚き上げさせて頂きます。

香風園【花墓地】のご案内

供養墓にご納骨後、永代納骨供養簿に記入され、盆彼岸祥月命日の年4回、回向供養をいたします。埋葬は、区画内にお遺骨を骨壷のまま埋葬いたします。
期間終了後は、安穏廟へ合葬にて、智弘院が永代にわたりご供養いたします。

永代供養【墓地使用料】15区画
一区画 二霊位[13回忌まで]50万円
二霊位[33回忌まで]80万円
※別途費用:埋葬作業費とプレート代3万円(石材店)
※生前申込の場合、管理費5,000円/年。最終納骨以後の管理費は無料

無縁塔

祭祀供養する継承者がいなくなった方は、無縁仏(むえんぼとけ)と呼ばれています。
こちらの無縁塔には、無縁仏になられた方がご親戚や知人、また行政や葬儀社などにより埋葬されます。
智弘院では毎日、無縁塔に埋葬された無縁仏さまのご供養をしております。

無縁塔への合祀埋骨(散骨)  埋骨料:一霊につき 5万円


檀信徒境内墓地

入檀(檀家)について
智弘院境内に墓地を求める方は、智弘院墓地使用規約に署名押印の上、入檀許可証を受けた檀家に限ります。 檀家とは、日蓮宗の教えを信じ、智弘院護持会「会費月額1,000円」に入会し、智弘院の維持発展などの為の寄金として「入檀志納金30万円」をご志納いただき、入檀式を経て檀家檀徒となります。
その後は、日蓮宗の興隆発展に寄与し、当山を菩提寺とし、年中行事、月例行事などに積極的にご参加いただき、檀信徒相互の親睦を図り、人生をより豊かにする為、ご信心を深め、三宝給仕、妙法公布にお勤めいただくことを目的といたします。祈願仏事等も当山が責任をもって執行致します。

公営墓地、民間墓地(霊園)の方も檀家になることが出来ます。今後、墓地継承者がおられなくなった場合、智弘院安穏廟に改葬納骨も出来ますので、ご安心ください。
智弘院が、ご先祖様や亡き人の供養を通じて、心のつながりを確かめる場となりますよう願っております。どうぞ、折に触れお参りください。

境内墓地
智弘院の境内墓地は、墓地区画(金30万円〜)により永代使用料をお納めいただきます。この「永代使用料」は、基本的にはお墓を継承するその家の代々の子孫まで有効ですので、子供や孫が改めてお金を納める必要はありません。

永代使用料(区画)
【妙】1.5平米 約110p×135p  30万円
【法】1.8平米 約120p×150p  50万円
【蓮】2.7平米 約150p×180p  70万円
【華】4.8平米 約270p×180p  100万円


このページのトップに戻る     お申し込み・お問い合せ

ホームへ