修行体験   半日修行体験   子供修行体験   写経体験   朝粥会

修行体験は自分を変えるきっかけ

人生の節目に・自分を変えるきっかけに・願掛けに・・・修行体験
【過去の整理…そして今を見つめる】 【本当に自分は何をしたいんだろう】
【自分の願いを形に・・・】

しがらみ、喧騒を離れたい人には…非日常的な空間で、只々自己と向き合えたら。
辛い別れ(失恋、死別)を経験した人には…過去を整理し、今を客観的に見れたら。
人生の節目にしたい人には…明日から、また始めるきっかけに。
目標(夢)を見失った人には…何かが変われば、何か感じることが出来れば。

願掛けに修行を。
今までの努力が報われますように…
練習の成果を発揮できますように…
心を一つにして、チーム一丸になれますように…
病気の家族(友人)が、一日も早く回復します様に…

それぞれの願いを形にするお寺での修行
不安、心配、迷ってばかり、自信が持てない。このまま変わらなければ辛い、苦しい。変わりたい。変わらなければ・・・願いや祈りを自分の中で強く願う。
それでも不安なら、修行という目に見える形として経験し、
願うことが出来たなら、不安は形を変えるのかもしれません。

お寺での読経・唱題修行
どなたでもご参加いただけます。お寺はきっかけを作るだけです。
発見も、何かが変わる可能性も、全て自分次第です。 合掌

座禅瞑想修行  随時
お題目の会(題目講) 毎月 13日・19日・28日 午後2時〜3時


半日修行体験【第3日曜日 午前9時〜12時】他の日は要相談

内容:水行、写経(写仏)、作務、座禅、読経、食事(お粥)
所要時間:約3時間
料金:1人 7,000円+お布施(お守り授与)
水行は体調により相談 男性は下帯、女性は行衣(水着をご持参ください)
実際の体験記事    修行体験写真集

 


修行体験

個別開催のご相談にも応じます。
東京から車で1時間半の外房の九十九里浜。お寺は静かな場所にあります。日々の忙しさ、都会の喧騒から離れ、お寺という非日常で自己と向き合いませんか。

お坊さんの修行に触れて、何か変わるきっかけがあるかもしれません。

唱題行(しょうだいぎょう)
他宗では体験できない日蓮宗独自の修行法で、太鼓などの音に合わせて「南無妙法蓮華経」を唱えます。その意味は、すべての神仏に感謝をする(ささげる)ことです。それは自身のルーツであるご先祖へのご供養でもあり、過去の罪を滅する修行でもあり、可能性を引き出す力がある修行でもあります。
心身の落ち着きや安らぎを感じながら、大きな声でお唱えして、ストレスの発散、解消、リフレッシュが出来ます。

断スマホ・断SNS
テレビもないお寺の環境で規則正しい生活を過ごし、身心を調えます。

日程−1泊2日(例)
1日目
・11:00−11:30 受け付け
・12:00     昼食
・13:00−14:00 座禅瞑想
・14:00−14:15 休憩
・14:15−15:30 写経体験
・15:30−15:45 休憩
・15:45−17:00 読経体験・唱題行
・17:00−18:00 作務
・18:00−    夕食・片付け
・19:00−19:30 法話
・19:30−21:00 入浴(シャワー)
・21:00−22:00 茶話会
・22:00     完全就寝
2日目
・5:30      起床
・6:00−     朝勤 座禅 ・読経
・6:40−     作務&朝食準備
・7:30−     朝食(お粥)
・8:30−10:30  唱題行2時間
・11:00頃解散予定
雨天決行  解散後は自由です。
参加費: 1名 10,000円 中学生以下 5,000円
1回のご対応可能人数は6名程度までです。参加費は前納でお願い致します。

参加ご希望の方は、下記の「修行申込書」をクリックして印刷し、必要事項を記入のうえ、郵送又はFAX送信してください。  →お問い合わせはこちらから
ご記入済申込書をスキャンして、メール添付で送信してくださってもかまいません。
 →修行体験申込書(pdf)  FAX 0475(77)7168  →メール
  郵送での送付先:〒299-3211 千葉県大網白里市細草602-5 智弘院
参加が決定した場合は、後日誓約書(pdf)もお送りください。

修行体験の個別開催は相談に応じます。
職場の研修や学校の部活でもご利用ください。
ご友人同士、ご家族でもご参加ください。
日程・料金等ご相談ください。→お問い合せ


右写真は、4泊5日でご参加の小五・小二のお子さまたちとお母さま
 →修行体験写真集


子ども修行体験【第3日曜日、午前10時〜12時】

内容:写仏(写経)、作務、座禅、読経
所要時間:約2時間
料金:1人 3,000円+お布施(お守り授与)
保護者の方が一緒に体験される場合も同額です。


お寺で写経体験

仏さまの教えの文字ひとつひとつが、仏さまそのもの・・・という意識を持って、写経に臨みます。

写経の作法
・塗香(ずこう)を手に塗り、良い香りで仏さまをお迎えする準備をします。
・軽く目を閉じ、ゆっくりと細く長く息をして、気持ちを落ち着かせます。
・礼拝・お題目を三回お唱えします。
・写経の際は、文字に自分の息がかからないように、マスクで口を覆う覆面瓠(ふくめんこ)をします。
・丁寧に一文字ずつ書き、一行書き終えるごとに筆をおき、合掌し、礼拝します。
・お題目を三回・礼拝して写経を終えます。
写経を終えたら、御宝前に納経致します。
写経体験 ご志納金 1000円/1回

「法華経」には、お釈迦さまの残されたお言葉を、一字一字心をこめて書写することによって、大きな功徳がそなわると説かれています。
忙しい今の世の中、自身と向き合う時間としての写経、自身の修養の為に、追善供養の為に、祈願成就の為にいかがでしょうか。
「法華経」で一番重要な【お自我偈】の部分を写経します。

短い時間で出来る写経もあります。 真心こめて、1文字1文字を仏さまとして、書写してみてください。
毎月第4日曜午後3時〜
お申し込みフォーム 他の時間もご相談ください。

筆ペン、写経用紙はお寺にございます。お気軽にどうぞ。
年中行事等により体験出来ない場合がありますので、事前にお問い合わせ下さい。
職場や学校のグループで、ご友人同士で、ご夫婦で…写経を体験してみてください。

メキシコからお越しになったValerie Camposさんご一行も体験されました。
  


朝粥会−月始めの日曜日、座禅と読経で気持ちをリセット!

毎月第1日曜日、気持ちの良い朝を過ごしませんか。朝6時から勤行が始まり、心静かに御経を聞きます。続いてお寺の境内の、掃除や草むしり(任意)をします。
座禅、読経の体験もできます。 座禅と読経が脳を活性化して、うつや不安を改善するということはTBSテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」でも紹介されました。
読経は認知症予防にも効果があります。
朝7時半ごろ、お粥をいただきます。それから解散です。
お粥は美容と健康に理想的な朝食です。お粥の効能はこちら

非日常体験で、お悩みや心の垢が洗い流せるかもしれません。
●ご興味のある方、参加無料です。(お気持ちは浄財箱へ)
 準備の都合上、前日までにお寺にご連絡ください。
お申し込み・お問い合わせ

座禅・読経は、瞑想体験及び朝勤(毎朝6時〜)でも体験できます。
読経は、お経の会(第3日曜午前10時〜11時)でも体験できます。
毎月1日の午前五時より、朝参り祈願もございます。月初め、早朝に心洗い、神仏の御加護をいただき、ご自身の目的達成を祈る朔日祈願です。


このページのトップに戻る

ホームへ