ご葬儀の準備と流れ

お葬式には、「こうしなければならない」ということは一切ありません。
法律で決められている事は「死後24時間は火葬してはいけない」これだけです。
「お葬式について何も知らない」というのが当たり前ですが、その時になると、人は平常心ではいられないものですので、後悔しない葬儀を行うためには、次のような事前の準備が大切になりますので参考までにどうぞお読みください。 以下は、葬儀を行う事になったとき、まずご家族でお決めにならなければならない事です。

葬儀の規模(会葬者の予想人数と費用)を決める
会葬者の予想人数で大体の葬儀の費用が決まります。故人のお付き合いで「家族だけ」「親戚だけ」「友人まで」「会社の方たちまで」など、どこまで通知するのかあらかじめ予定を立てる必要があります。会葬者予想人数が50人なのに100人分の会場と祭壇とお斎(お食事)を用意しては、費用の面でご家族に大きな負担がかかってしまう事になります。
ご葬儀に参列なさるかたは「お香典」という、お気持ちをお持ちくださいます。葬儀の費用をすべてお一人やご家族で抱え込まず、お香典という周りお支えのことも考えてお決めください。

葬儀の形式(宗教、宗派)を決める
日本の宗教はさまざまです。また、いかなる人も、宗教を信じる自由・宗教を変える自由・宗教を信じない自由があります。
特にお決まりでない方、お悩みの方のご依頼にも、当寺は、以前の宗教や宗派を問わずお答えいたしますが、日蓮宗の法式にてご供養させていただきます。

葬儀までのご遺体を安置する場所
葬儀を行う時は、火葬の日取りとお時間に合わせ葬儀の日程とお時間を決めます。
友引の日は火葬場がお休みの場合があり、葬儀の日程が伸びる場合がございます。
その時に必要となるのが、ご遺体を安置なさる場所です。ご自宅からお近くで、斎場や葬儀社さまで預かっていただける場所があればそこをお勧めいたします。

場所を決める(セレモニーホールや斎場)
ひと昔前はご自宅での葬儀が当たり前でしたが、現代はセレモニーホールや斎場(火葬場)でご葬儀をなさる方が多くいらっしゃいます。
本来であれば、故人が住み慣れたご自宅でお送りされることが望ましいと思いますが、ご自宅で葬儀をなさるとご家族への負担が大きい為、使用料がかかりますが、セレモニーホールなどで行うのが一般的です。
斎場(火葬場)で葬儀をなさると、車での移動がなく便利です。市(区)の行政が行う斎場(火葬場)があります、その市(区)により使用料が低くなる場合がございますので、各役所にご確認ください。

予算を決める
葬儀にかかる費用はたくさんあります。葬儀を行う場所の使用料・祭壇の大きさ・棺桶のグレード・お斎(来ていただける方へのお食事の振る舞い)・火葬料・火葬場までのお車代・葬儀社さんの人件費などです。
もちろん「葬儀に費用をかけてしっかり見送ってほしい」という方もいれば「あまり費用をかけずに行ってほしい」という方もいらっしゃいます。ご自身だけの考えではなく、故人の意思を尊重した上で、お決めになられたらと思います。

葬儀社を選ぶ
葬儀社さんも様々です。地元で古くから営んでいるところもあれば、新しくできた葬儀社さんもあります。ご家族でよく検討し信頼できる葬儀社をお選びください。

安心して葬儀を行うにあたり、あくまで参考にしていただけたらと思います。
この他、解らないことはお気軽にご質問・ご相談ください。

初七日から七日ごとに三十五日、七七(四十九)日忌、そして埋葬
四十九日までは来世の行き先が決まるという、もっとも重要な日々で、故人の成仏を願い霊山浄土に行けるように七日ごとに法要を営みます。
葬儀のときの白木の位牌は仮のものですので、四十九日法要までに本位牌を準備いたします。本位牌は、仏壇屋さんで求めることができます。位牌の種類や、価格もさまざまです。位牌が出来ましたら、お寺で開眼(魂入れ)の供養をしていただきます。

ご法事の準備と流れ

場所と人数を決める
これといった決まりはありませんので、みなさまのご都合と納得いく形でお決めください。ご法事をなさる場所は、幾つか選択肢が御座います。
当寺でご法事をなさる場合
本堂御本尊さまの前でご供養ができます。駐車場もございます。
お斎(お食事)をなさる場合は、仕出し屋にご注文いただけます。
ご自宅にて
ご家族・お身内や少人数でなさる場合は良いと思います。
霊園やお墓の前にて
霊園などは礼拝施設や駐車場が整っている為、費用はかかると思いますが便利です。
ホテルや料亭のお部屋にて
そのままお斎(お食事)や精進落としをなさる場合には移動もなく、とても便利ですが、先方に法事を行ってよいか、ご確認が必要です。

日取りの決定まで
年回忌法要は、故人のご命日またはご命日より前に行なってください。
日取りが内定したら、まずはお寺に連絡し日程を調整してください。

案内状の送付
近親者だけの法事ならば、電話連絡だけでも済みますが、故人に縁の深い人びとを招く場合には、案内状を差し出すのが丁寧です。法事の案内状に定型はありませんが、法事の行われる場所までの案内図や塔婆供養の有無も書き添えておくと丁寧です。

服装と数珠について
法事の際の服装は、喪服を着られることをお勧めします。特に決まりはありませんが、御身内でご相談の上、平服であっても結構です。学生さんは学生服が望ましいです。
ご法事をなさる場合は、お数珠(念珠)をご用意いただくと良いです。

法要に際して
当寺では、みなさまとご一緒にご供養を勤めておりますので、ご法事に際しお経本を手に取り、お読みいただけます。みなさまから故人に対する感謝の心の供養でございます。途中「ご焼香をどうぞ・・」と住職がご案内いたしますので、順番にご本尊の前に進んで、ご焼香をなさってください。
法要後、住職から法話がございますので、ご聴聞ください。
これで法事としての式は終了ということになります。
お経本を欲しい方や、ご自宅でお経を読みたい方は、お申し出ください。

葬儀・法事などの表書き
次に揚げる表書きを参照ください。
御霊前(ごれいぜん)   葬儀に際して故人の霊前に供える金品に使います。
御仏前(ごぶつぜん)   法事に際して故人の仏前に供える金品に使います。
御香典(おこうでん)   霊前に香を供えてくださいという意味で使います。
御香奠(おこうでん)   「御香典」と同様に使います。
御香華料(おこうげりょう)「御香典」と同様に使います。
御供(おそなえ)     葬儀の際、霊前に供える花や菓子、果物に使います。
御供物料(おくもつりょう)「御供」の代わりに添える金包みに使います。
志(こころざし)     通夜、葬儀の世話役などへのお礼に使います。
御布施(おふせ)     葬儀、法事などでお寺や僧侶への金包みに使います。
御塔婆料(おとうばりょう) お寺に対して、申し込み本数分に使います。



このページのトップに戻る

ホームへ